昨日アップした続きです。
武道館 1日、2日とこのツアー思いでも含めた感想です

ギターセッション 

 1日目は、茂さんのギターのトラブルで
 音がでていなかった分、
 長瀬くんが一生懸命 繋いでました。
  
 2日目は、もう、ツアーの中でも最高!!っていうくらい 
 「攻め」の ギターソロを 存分に 聴かせてもらいました。
 赤いライトの中、シルバーのラーダースジャケットがきらめいて
 茂さんの内面の激しさを 見たような気がしました。

 2人の個性の違う ギターが
 お互いをリスペクトしあっているのが
 感じられる 素晴らしい演奏でした。
 公演ごとに 少しづつ違う即興性がある演奏。
 こういう演奏が見れるのがライブの醍醐味ですよね!

リリック
 
 ギターセッションで天上のギタリストを見せ付けられての
 この曲・・この流れが好きです。
 (何度もしつこく書いてすみません)
 
 この曲も ギタリストモードに入り込む茂さんが見られます。 
 最後、ギターを縦に抱いて、のけぞるポーズで決める茂さん。
 もう、私の中では、世界一の最強・無敵のギタリストです!!!

Julia

 この曲がライブで聴けて 本当にうれしい。
 ギターを持って、ステージを動き回ってくれた曲。
 松山・名古屋公演 間近で見れた思い出は 私の宝物です。

自分のために

 TOKIO 応援歌!
 ライブで大勢ではしゃぐと めちゃくちゃ楽しい曲!

AMBITIOUS JAPAN!
 
 茂さんのギターソロが楽しみな曲。

SONIC DRIVE!

 武道館を見渡せる席で見た タオル回しは圧巻!
 この曲がくれば、ライブも終盤・・と寂しくなるけど・・・
 
ハート

曲前に 長瀬くんが想いを語ってくれてから、曲が始まります。
この曲は ファンのためだけに書いた曲 と言うようなことを
どの公演でも言ってくれて・・・
そして、それでいい、それがいいんだ・・とも・・
そんな言葉と一緒に受け取れる幸せ・・・

<アンコール>

JUMBO

いつまで、このジャンプが続けられるよう
がんばらなくちゃ・・と思い始めてる・・(苦笑)

城島SONG

武道館 2日目
入場時に 渡されたチラシで サプライズ企画を知る。
モニターからの指示で
客席から一斉の「20周年 おめでとう!」コール!
すんなり割れない くす玉が ホントTOKIOらしい!!

<ダブルアンコール>

(2日目 LOVE YOU ONLY
      LOVE,HOLYDAY  )

茂さんが 一本締めしようとするところを
13000人、客席全員で、
「えぇ~~~~~」と ブーイング!!
それでも、結構、無理やり言葉つなげてた茂さん・・

LYO が終わって 再び、一本締めしようとする茂さんに
今度は、「もう一回!!!もう一回!!」コール

「ノリノリとしっとりとどっちがいい?」と松岡君が訊いてくれて
「ノリノリ!!」
で、ラブホリ 

しっとり・・だったら、もしかして「こころ」聴けた??
でも、しんみりしたままのお別れもさびしいし・・
ラブホリでよかったのかな・・

茂さんを2回も困らせちゃった・・・
これは、私的には とってもいい思い出。
こんな機会、もう二度とないものね・・
ごめんね・・


一本締め

  ***************

茂さんのお顔が見えたのは MCのときと
松岡くんと 曲の終わりにアイコンタクト取るときくらい・・?
茂さんが花道に移動すれば
あっちに行っても、こっちに来てくれても
まったく見えないのは、正直、寂しかったですけど・・・

でも・・
人って、前に出す部分は作り出せるものだけど
「後姿」って、「素」が現れやすいかも・・・
そんなことも感じながら
演奏中の茂さんの後姿を見る。
後姿を ずっと見てるっていうのも
なんかいいかも・・・
茂さんの本当のかっこよさは
あまり人に見せない 「後姿」にこそ
あるのかも・・・と思ったり・・

武道館 2日間入れて
このかけがいのない時間を
かけがいのない場所で一緒に過ごせたこと。
本当に贅沢で幸せな時間でした。

これからも・・・・・

言わなくても、わかってるよね?

もちろん!!ついていきます! 
決まってるでしょ!!

20周年記念 ライブ
11月1日 2日
両日で26000人のファンが集まったとのこと。
20周年という記念のLIVE。
熱い熱い ライブでした。

私の席は、2階 西ブロック 2日目は北西ブロック
武道館を見渡せて客席の一体感が
すごく感じれる席でした。

ずっとTOKIOについて来た
ずっと TOKIOの頑張ってる後姿を見て
私も、ここまでやってこれた って思っています。
なので、彼らの後姿を見ながらのライブは
ちょっと、感傷的に今までの想いを重ねてみたりして・・

それに、なかなか見れない 彼らの本当のナマの後姿
いろんな舞台裏が少し、垣間見れたようで
マニアックな楽しさもあります!

彼らの後ろから 武道館を眺めて思ったこと・・・
これからも、彼らを追いかけて
彼らが見ていく景色を
一緒に見ていけたらいいな。。。

  ~ セットリスト ~

暗い中長瀬くんのギターが響き
ひとりひとり、ステージに登場します。
ステージのうしろに 星空のように 
白と青の小さなライトが無数にあって
幻想的です。

Yesterday's  

最初は長瀬くん12弦アコギで歌い
途中から全員でバンド演奏

Future

一気にヒートアップする軽快なナンバー
神戸公演より、追加
武道館では、ステージ後方で 炎の演出あり。
      
花唄

炎の演出のせいで
ステージ上の温度が上昇したのか、
メンバーかなり、汗だく

ここで メンバー紹介
武道館に 帰ってきた、
ここから始まった・・と話すメンバー
みんな感慨深げです。
     
ズッキーホーンと ストリングス 入場

LOVE,HOLYDAY

「みんな、手を叩いてくれ!」
で客席の拍手から、曲に入っていく。
茂さんは ズッキーホーンと一緒にステップ踏みながら
ギター演奏。
’60 ’70年代のアメリカのバンド演奏っぽくて 素敵!
(映画 ジャージーボーイズ みたいで・・)

路傍の花

何度も何度も LIVEで聴きたい曲。
公演によっては、
茂さんが めちゃ ギタリストモードに
入り込んだ曲。
私的には、松山でのパフォーマンスが
一番激しかったと記憶。

LOVE YOU ONLY

みんなで歌えるデビュー曲。
昔は、私もそんなに好きじゃなかったけど
年を重ねるごとに 好きになってきて
サマソニで多くの人が歌ってくれて 
ますます好きに!

雨傘 
ちょっと短め? ショートバージョンかな?

スベキコト

大好きな曲。
茂さんギターソロ、安定のかっこよさ!

君を想うとき

この曲の前だったかな?
太一くんのイントロ ソロで 
キーボードブースの床に
ライトが雨のように上から降りてきて・・
で、武道館で初めて気がついたんですが
床に 波紋のように 
同心円のライトが浮かび上がるのが綺麗。

武道館2日目、
までの公演でもずっと聴いてきたのに
この最終日、
「もしも二人 あの日出逢わなければ・・・」って歌詞に
気持ちを丸ごと 持っていかれました

僕の恋愛事情と台所事情

たくさんの観客に向けて ジェスチャーしたり
笑顔を振りまいているんだろう茂さんの後姿を見てた。
ちょっと寂しいけど、まぁ、この立位置も悪くないかな・・
 ・・・なんて、 これは、 何目線って言うんだろ??

<MC>   

cadence

福岡公演から Southend と入れ替わりセトリ入り。
CDと違うアコースティックなこのアレンジは大好き!
2日目は特にはっきりと聴こえた
曲最後の茂さんのコーラスに うっとり・・

Symphonic

おきな会場を 包み込んでしまう
スケールの大きな曲

宙船

シンセ 打ち込みで始まるのが、
今回のアレンジもいいです!
私の席からは、
正面スクリーンが見れなかったのが残念
スクリーン映す出される雲が流れる映像。
空を飛んでる気分になれるので
大きな武道館のスクリーンで見たかったかな・・

  後半 MC は、また あとで・・
  
地元大阪公演!


では、感想です。


2曲目、大阪でも
「Future」です!うれしい!!
疾走感溢れるこの曲は
LIVEはじまりから一気に盛り上げてくれます!!

やっぱり、「路傍の花」は大好き!
しっかりと心に焼き付けてきました。
うしろのモニターもきらきらしててとてもきれいです。

「Future」が入った分、
「雨傘」は ショートバージョン?? 
お友達からそう聞いて、そういえばそうだったかな・・?

「スベキコト」
茂さん、途中、ギターのコードが身体に巻きついちゃったみたいで
スタッフの方が飛んできて、直してくださってました。
ちょっと あたふたあたふたしてる茂さんがかわいい。。
でも、ギターソロでは、バッチリ 決めちゃう茂さん!
後のモニターも青と白の 渦巻きっぽいのが
クルクルしてる感じで
その中心で 茂さんのギターソロが
めちゃくちゃかっこよくて!!!

「君を想うとき」では 神戸と同じく
スモークの演出

「僕の台所事情と恋愛事情」
ココ って言う歌詞で、親指を下に向ける仕草。
どこの会場でもしてるけど、大阪でしてくれたのを見ると
なお、うれしい(*^。^*)
最初のメンバー紹介で
「TOKIOではありますが、ココロは関西の 城島です!」と
茂さん、言ってくれてました!

「southend」
茂さん、アコギのソロパートあるんですが
ちょっと ためて 情感たっぷりに、弾いて下さるこのパート
エレキのギターソロとは、また違う魅力たっぷりです

「Symhonic」
山口くんのファルセット高音域がきれいです。
この曲もライブできいて好きになる曲です

「ギターセッション」
最初の頃より、
茂さんの演奏時間が長くなっていく気がして
うれしいです。
縦ノリで ガンガンいく感じが ゾクゾクする~!!
ギタリスト シゲルに 酔いしれるひとときです!!

「リリック」
で、そのあとに、 キュンとくるこの曲。。
それがいいんです。。

「Ambitious Japan]
たぶん。。この曲と、城島SONGで
茂さん、背面弾き してくれました!!

「Julia」
この曲が このライブで聴けてほんと、うれしい!
ますます、好きな曲になりました!
茂さんのキラキラ シルバーな衣装とセットで記憶に残します!

「HEART」
曲前にいつも長瀬くんが想いを語ってくれます。
大阪での フェスも盛り上がりも
みんなが応援してくれていたから・・・と
(かなり、おおまかなまとめ方ですみません。
  もっと、言葉を選んで語ってくれました)
いってくれたのが、うれしかったです。

始めの挨拶で必ず
ファンのみんなのために
「ハート」と「こころ」という曲を
アルバムに入れた と 語ってくれているので
きっと 「こころ」も、武道館では
聴かせてもらえると願っています。

アンコールでは
いつも、タオルでハチマキをして出てくる茂さん。
その後のアンコールででてくるときの髪形が
オールバック でした。
あれ?いままでも、そうだったのかな??
セットするまもなく、髪をかきあげた状態で
でてきちゃった ってことかもしれないんですが
とっても素敵で
オールバック リーゼント推奨派の私としては
「うふふ ポイント 10ポイント!」です!(*^^)v


MCでは、 城島バンドのこと
初期は、茂さんと山口くんが
先輩グループのバックバンドとして出ていたときの名前だったこと。
それがあったから、TOKIOはバンドとして活動をはじめたことなど
語ってくれました。
 
それから・・
茂さんのおなかが 出だしたこと。
昨晩はスタッフの方々と飲みに行かれたそうで
きっと そのお酒のせいだと思うのですが・・
「妊娠した?」とまで言われてました、。
マラソン後、筋肉は落ちて、スタイルも元に戻りつつあるそうです。

それから・・
この会場は「ジャンピング 禁止」
という貼り紙が

席に向かういろんなところでしてありました。
跳べ!!!と言われて、本当は跳びたいんだけど
フロアがかなり、揺れるらしい・・・
と言うのは前々から聞いていたので
ジャンプ推奨曲では、膝の屈伸でごまかして・・・
(他の会場でも最近は 
ジャンプする元気がなくなったときなどごまかしてます・・(^^ゞ)

きっと、跳びたいけど、
これでもし、TOKIO が 出入り禁止になっても困るし・・と
思った方、多かったんじゃないでしょうか・・・(^_^.)

私たちは、端っこだったので、揺れなかったのですが、
少しセンター寄りに座ってたお友達は「揺れた~、ちょっと怖かった~」と
言ってました。
決して、ノリが悪いんじゃないんです!!

なので、最後、太一くんから 「セクシーに踊ってくれた」って
言葉をきいて ほっとしました


   **********


席は 1階後方、しかも茂さんとは逆サイド。
でも、席がゆったりめのせいか、足元が広くて
動きやすかったので
暴れる曲では、はしゃぎまくって楽しんできました~!!

このツアーで、唯一、私が申し込んだチケット!
激戦はわかっていたので、ここ1本掛けで
申し込んで、当選しました。
前回みたく、1本掛けでも 外れることもあるので
当落の結果を確かめる電話をするのが
本当に怖かったのが、昨日のことのように
思い出されます。。

今回、たくさんの方が、関西はずれたと聞いて
心苦しく思っていたのですが
どうぞ、みなさま、
次は、チケットがあたりますように・・・
席は、2階でしたが、
今回のライブの席の中では、一番 真ん中よりで
音がすごくいい感じで聴こえた気がします。

以下、ネタバレ、ありです・・・





2曲目!あれ??
って思ったら、「FUTURE」!!!
すごくうれしかったです!!
サマソニ 大阪では、聴けなかった曲だったからでしょうか??
大阪でも、聴けるといいなと思います!

今回のステージ
透明な棒がステージに降りてくる感じの
ライティングがあるのですが
それが、ちょっと メンバーを隠して
見えにくく感じることがあったのですが
神戸では、その演出が少し、少なくなっていたように感じました。

また、「君を想うとき」 だったと思うのですが
ドライアイスが 雲海のように 流れてくるのが
いろんな光の色に染められて、とてもきれいでした。
これも、神戸ではじめてみた気がします。
この曲の トランペットのソロも
とてもきれいに響いてきました。

このライブで、より、好きになった 「リリック」
神戸では、この曲での茂さんのギターがほんとステキでした。
すっと、天を仰ぐようにして、 ギターを弾くのが
とってもカッコいいです。

今回のステージ、後のスクリーンの映像で好きなのが
「宙船」
最初、稲妻の映像があって、あと、雲が流れていく映像が流れます。
それが、1階の奥や 2階から見ると
おおきな飛行船の窓から見える空の景色のようで
本当に 「宙船」に 乗って
空を飛んでいるような錯覚になります。

「ハート」
心にずしんと響く曲です。
茂さんのギターの音が
すうっと心の奥底にまで入ってきて
ぎゅっとこころを包んでくれるような感じがしました。


家に帰ってきて、TVをつけたら
太一くん、スポルトに ちゃんといるのが
なんか、不思議な感覚です。。
ほんと、ついさっきまで、鍵盤ひいてたのに・・
で、明日、また、大阪に来てくれるんですよね。。
待ってます!!

茂さんも朝から、なぜ太郎 があって,
それからの神戸ライブ・・

ほんと、すごい。。
ありがとう です。。

さぁ、あした。。
というか、もう、今日!!!
大阪も 楽しんできます!
 
初めて行った 石川 本多の森ホール
こじんまりとした、すり鉢状のホールで
席は太一くん側 後方でしたが とっても見やすい席でした。

とりあえず、記憶に残ってることを・・・
でも、記憶違いなど 多いと思います

茂さんが ボックスステップしながら
ギターを弾いているのは、ラブホリでした
(すみません、前記事、間違えてます<(_ _)>)
ズッキーホーンさんたちと一緒に
楽しげに演奏してました。

LYOが終わると、衣装チェンジ!
20THのラインストーン文字が入った
黒のタンクトップになるのですが
これがとっても似合います!
そして、路傍の花の演奏が一段と男っぽく感じるんですよね~

雨傘は 後のほうの席だと
低いドラムの音がすごく響いて、すごくいいんです!
前に琵琶湖ホール4階の後で聞いたときも
同じように 低いドラムの音がいいなと感じたんですが
前の席、ドラムセットより、低い席だと
全然、聞こえない気がします。
そして、本当にいい席で申し分ない席だった松山・名古屋で
唯一残念だったのは、松岡くんが見えにくかったこと。
今回は、とってもよく見えて うれしいです!

MCでは、長瀬くんの 珍回答に 笑い転げる茂さんが
かわいい(*^。^*)

そして、southend では、スツールに腰掛けて
アコギ演奏なんですが
この座る姿勢も カッコいい茂さん。
後からのライトにシルエットになって 見えるのが めちゃステキでした。
で、この曲、ギターの音の強弱にこだわって
ピックを 演奏に合わせて交換されるのですが
そのピックを松山では、ギターに貼り付けていらしたんですが
今回は、最初の方式に 戻した?のか
左足の腿の下あたりに ピックを置いておかれた気がします・・

ギターセッションは ほんと カッコイイ
お友達に教えてもらったんですが
山口くんのラジオで ライブDVD 前向きに検討中 とのこと。
何がなんでも、このセッション。
映像で残して何回も見たいので、是非、お願いします!!!!!

このギターセッション からの リリック
ほんと、好きです。
きれいなスポットライトを浴びる ギタリスト
遠くからいつも きゅんとする想いで 見つめていたいと思います。

どの曲だったか、忘れましたが
後から紫のライトに照らされた
茂さんの シルバーのキラキラ ライダースジャケットが
とても 絵になる 美しさでした。
この映像もほしいな・・・

HEART の曲前だったかな。
いつも 長瀬くんが熱い気持を ファンに投げかけてくれます。
「誰かが転んだら、立ち上げて、5人やってきた・・・」 というようなことを
語ってくれたのが とっても印象に残っています。

城島SONG !!!!!
今回は最後の最後、アダルトバージョンでした~!!
前々から、 茂さん、地方公演で ぶっ壊れる という話は
聞いていたんですが、
やっと、LIVEで見れました(*^^)v

今回も盛り上がりました!!
行きのサンダーバードには、
たくさん、関西からのファンの方が
乗っていらしたようで
帰りの夜行バスも 私の前後、
グッズ販売のトートバッグ、タオルを持っていらしたので
すぐにファンの方だとわかりました!!

今回も LIVE後に 飲み会!
楽しませていただきました!!
皆様、ありがとうございました!!

なんか・・・ メンバーは LIVEのあとも すぐお仕事だったり
LIVE前にも お仕事だったり、するのに
遊びまわってます。

でも、世間は連休ですが 私もこれからお仕事します。
10月は楽しいこともお仕事も
ぎゅうぎゅう詰めの毎日です!
名古屋ライブ感想、昨日の続きです。

10.Symphonic
11.宙船

この間に、茂さんと長瀬くん 2本のエレキで
ギターセッションがあります。
二人で ギターを交互に弾いあり、
アイコンタクトをとって、弾いたり・・・
ギターで会話してる感じ・・
たぶん・・・、
そのときどきで 
即興的に演奏されているのではないかと思うのですが、
これが、めちゃめちゃ、カッコイイ!!!!!

演奏もロックな感じが ヤバイくらいかっこよくて
紛れも無く ミュージシャンな二人の表情がすごく良くて・・・
TOKIOが ギター2本で良かったなぁ・・と思います。

12.リリック

前の、ギターセッションで、
素敵すぎるロックギタリストを見た後に
この曲を聴くと、いつも以上に キュンとしてしまいます。
TVや雑誌など、いつでも見れるから・・・
しかも 親近感を醸し出してくださるので
とても近くにいる人と 感じてしまいますが・・・
やっぱり、一番遠いところにいる人。
でも、その切ない想いが いいのかも・・

13.AMBITIOUS JAPAN !

松山では、茂さん、頭の後ろで ギター弾くのを
してくれましたが
名古屋では、ギター回し!!!!!
スゴイ!!!パシッと決まりました!!!
(たぶん、この曲だったかな?)
ギターを回した後、スタッフさんが
ちゃんと、コードを さしなおしてくれていました。
そっか、 コード付いたままだと、巻きついちゃうんだ。。
ってことに、はじめて気がつきました 笑


追記
すみません、
ギター回しは城島songのときだったそうです!!
お友達のブログで教えて頂きました。訂正させて頂きます。
で、コード、
やっぱり、からだに巻きついていたらしく
それをスタッフさんが治してくださってたそうです。

14.Julia

この曲のとき、茂さん
舞台、上手側の花道を 全力疾走!!
すぐ引き返して舞台中央に・・・
その走り方がとっても早くてきれいで
さすが、101キロ走った男!!と
思わぬところで、ランナー城島さんも見れました!!(*^^)v
下手側にも 来てギターを弾いてくれました!!

15.自分のために

長瀬くんが 応援団長のような振りで 客席を煽ります

16.SONIC DRIVE !

この曲のときだったと思うのですが
名古屋では、茂さんが、キーボードブースのマイクで歌ってくれました!
この曲のときは、動けない松岡くん以外
自由にメンバーが動いてくれるので 楽しいです!

17.ハート

「この曲は、ファンのみんなのことだけを想って書いた曲」と
曲の前に長瀬くんが 熱く語ってくれました。
そのまま、曲にはいるので、本当にそのままの気持をいただいたようで
ジーンとします。

もうひとつの曲・・「こころ」は
武道館に とってあるのかな・・・?
このツアーで聴けると信じています。

18.JUMBO
19.城島SONG

  ************

MC 覚書

ツイッターで、たくさんでているので ご存知と思うのですが
茂さん関連だけ 書き残しておきます。

TOKIOカルトクイズで 傘をあてた 茂さん。
メンバーから、写真、撮られそうになったら
これで、彼女、隠したらいいよ、と言われ
「じゃぁ、 10本 ちょうだい(笑)」
   (モテル男は、大変ね!(*^。^*))

新幹線では、アイマスクとマスクをして睡眠を取る茂さん。
でも、車内販売が通り過ぎたところで、気づくらしい。
で、財布をだすものの、言えなくてしまいこんだとか・・・
なにを 買うつもりだったの? と 訊かれ
「アイスクリーム」
  ( 言い方もかわいかった~(*^。^*))

マラソンで、みんなから リーダー って呼ばれてた。
もう、僕らのリーダーって言うより
みんなのリーダーだね。
「うん、ミッキーの 次ぐらい」(←長瀬くん)

などなど・・・
MCもとっても楽しかったです。

  *********

はしゃぎすぎて、記憶が飛んでます。
どうも、 脳の中に映像を残そうとすると
音は、入ってこないようで・・・(^^ゞ
シーンは覚えてるのに、それが何の曲のときか
あやふやなんですよね・・
なので、そうとう、いい加減なレポになってると思います。
申し訳ありません。

今回のツアー
松山、名古屋、どちらもお友達が取ってくれたチケットで参加。
めちゃくちゃいい席でした!!!
本当に感謝!!!

そして、どちらも ライブ後は 楽しい飲み会~♪
ほんと これがもう、楽しくて!!!(*^^)v
ご一緒していただいた方、ありがとうございました!!(*^。^*)

台風情報も気にしながらの名古屋参戦。
おかげさまで、昨日は交通機関も乱れることなく
無事、帰れたのですが
今日、各地で被害がでているようで
これ以上、被害が出ないことを祈るばかりです。

では、名古屋の 感想です。






      ***********
       (ネタバレ ご注意)



1.yesterday 's
静かに始まります。
客席は、さぁ、始まるぞ!って感じで、
一斉に立ち上がっちゃうんですが
この曲は手拍子も無しで、静かに聴きたいな と
私は思うんですが・・・
長瀬くんの12弦ギターは最初のイントロ部分
その後、アコギに持ち替えての演奏です。

2.花唄
3.Love Holiday
4.Love You Only

このあたり、軽快に飛ばしていきます!
のりやすい曲で、一気に ヒートアップ!

5. 路傍の花

カップリングで聴いたときから 大好きな曲でした。
PLUS LIVEでも セットリストに入っていましたが
このツアーでさらに 好きになりました。
ギタリスト シゲル から、ひとときも目が離せない曲です。

5 雨傘
6 スベキコト
 
どちらも好きな曲
今回のセトリは 茂さんが毎日新聞の連載(8月10日分)で
「メインディッシュのオンパレード」と 
評されているセトリですね!

7 君を想うとき

これは TOKIOの正統派ラブバラード部門 1位 
という感じでしょうか?
しっとりと唄ってくれるのを ライブで聴けるのは
幸せな時間です。
山口くんのWoo Yeh Yeh~のパートも大好きで
聴き入ってしまいます。

8 僕の恋愛事情と台所事情

続くこちらも ラブソング
ライブでも30’S PLUSでもセトリに入った
笑顔になれるラブソング
曲に合わせて、茂さんは ボックスステップ(?)したり
歌詞に合わせて、ジェスチャーしてくれたり
楽しそうな茂さんが見れる曲です!

9 southend

毎日新聞の連載で 
「メインデッシュ たまに サラダ」って
表現があったんですが
サラダ にあたるのが この曲かな・・
長瀬くん、茂さん、二人のアコギの澄み切った音と
太一くんのキーボードが重なり合う 3人での演奏。
こんな風に 昔の曲を 違うアレンジで聴けるのも
ライブの魅力。
サラダ といっても、サラダ好きの女子には
たまらない 極上の一皿
この曲を聴いて、
アコギライブを 熱望したくなりました。

この曲の前がMCなので 
着席したまま始まります。
なので、この曲はしっとりと聴けて うれしいです。



途中ですが、また、残りはのちほど・・・
松山のLIVE 感想 続き

12.リリック

長瀬くんの作る ラブソング
これは、ほんと、ライブで聴きたいと思っていたので
うれしかったです(*^。^*)
sometaimes といい、この曲といい
長瀬くんのつくる ラブソング 
胸がキュンとします。

13.AMBITIOUS JAPAN !

茂さん、頭の後ろで ギター弾くの
してくれました!(たぶん)

14.Julia

この曲、古い曲なので 
ライブで聴けるとは思っていなかったんですが
聴けてとてもうれしいです!
私の中でも かなり上位に入るラブソングです。

15.自分のために

16.SONIC DRIVE !

この曲聴くと、あぁ・・もう 終わりなんだ・・って
思うので、ちょっとせつないんですが。。。
タオル回し曲、
でも、お友達も言ってましたが、
今回の ツアータオル、大きすぎて回しにくかった・・(^_^.)

17.ハート

この曲も ライブで聴いたほうが 断然
ぐっと来る曲です。


18.JUMBO

ライブ定番曲、
何年経っても この曲で 騒ぎたい!
とおもいつつ、終盤、自分の体力の無さを
今回は感じてしまいました・・
頑張って、体力維持しなくては!!

19.城島SONG

この曲がないと しまらない・・
毎回、歌詞、考えるのも大変だと思うのですが
スクリーンに映される映像も楽しみ。
茂さん、最後のほう、
仰向けに寝そべって ギター
(見えにくかったのですが、たぶん・・・)


このツアー 初めてだったので
はしゃいで興奮しちゃった分
あんまり、記憶には残っていなくて・・
次の名古屋も、はしゃいじゃいそうです。

その次の 石川 では、
少し、落ち着いて聴けると思いますので
また、書き残しておきたいと思います。

1 yesterdays

長瀬くんの12弦ギターで
静かに始まります
茂さんも、アコギです
こんな始まりもいいと思います。

2 花唄

松山バージョンでした 笑

実は、コーラスの回数が多かった
らしいです
途中から、客席も気付いてる感じで…
後のMCで
メンバー同士、かばい合って
長瀬くん、茂さん、ステージの台の上で
土下座してました
(*^^*)

最初の曲もいろいろ、
トラブルがあったようでした

3 Love Holyday!

この曲、ノリがいいから
おもいっきり、弾けられますヽ(≧▽≦)ノ

4 路傍の花

大好きな曲
茂さんの、ギターパフォーマンスに
しびれました。
この曲から、タンクトップ
ギターを掲げたり、
大きくのけぞったり、
腰を低くして、屈み込むようにしたり
曲の世界観を、ギターの音だけで無く
全身で表現しているかの ようでした

とっても、セクシー
そして、とっても、崇高な雰囲気も
醸し出していて…

なぜか、気がついたら
涙がこぼれていました

5 雨傘

6 スベキコト

7 君を想うとき

8 僕の恋愛事情と台所事情

9 southend

10 symhonic

11 宙船

今回の宙船は、太一くんの
シンセからはいるのが新鮮


あと、茂さんと長瀬くん二人だけで
ギターソロを
弾きあうところがあって
めちゃ、カッコよかったです

でも、それが、
何の曲の前だったか、思い出せない…

記憶力、低下してるなぁ
また、思い出したら
書いていきます



バスの中で、スマホで書いたので
誤字脱字、多いかも


2日間、TOKIO 三昧でした
楽しかったo(^▽^)o

明日から、またハードな毎日
続きはまた…



11日、サマーソニック のチケット
オフィシャル先行販売が開始されました。

早速申し込んで、12日、入金
これで、チケット 確保できました。

うん、よかった~(*^。^*)

あとは、チケットと おまけのトートバッグが
6月中旬に送られてくるのを待つだけです。

サマソニに TOKIOが出るって
ツイッターとか見てると
とても歓迎されているようで、うれしいです!
満を持して・・・ 今 なんだ って感じもします。
ほんと、うれしいです!

北海道の JOIN ALIVEも行って見たかったけど・・・
プレミアムチケットは、手が出なかったけど・・
大阪会場で 待ってます!!!!!(*^^)v
武道館、9.23 ファイナル。
最後の挨拶。
ちゃんと覚えていないところがほとんどです・・
ニュアンス だけですが、
書き留めて残しておきたいので・・



長瀬くん。
ジャンプ低さを嘆いてたけど、
そんなことは、全然、気になりません!(笑)
歳とっても、熱いLYO聴かせてください!

松岡くん。
「TOKIOのお客さんはありがたいことに、
老若男女いてくれて・・」と
事あるごとにそう言ってくれて、ありがとうございます!
その言葉を聞くと、私は、とっても安心します(笑)
「20周年に向けて・・
すぐ、次のライブの意見が出てくる と思うので・・」
と言ってくれた事も嬉しいです。

太一くん。
「まだまだ、伝えたいことがたくさんある。」って
おっしゃってましたよね!
曲にして、詞にしてください!
普段のタヒチやTV,ラジオでも伝えてください!
で、「バカ」に付き合う覚悟は
とっくにできてます(笑)

山口くん。
「TOKIOのファンは、どのアーティスト、どのグループよりも
一番だって思う。」って・・・
やさしく、語ってくれました。
うれしくて、ジーンときました。

茂さん。
いつも、忘れず、ズッキーホーンさん、TKO48さん
スタッフさん、
そして、客席のファン、映画館のファン・・と
すべての人に、お礼を言って、拍手を!!と
呼びかける、茂さん。
「リーダー」だなぁ・・って思います。
LIVEに関わる人たちの 「想い」を
誰よりも、しっかりと受け止めて
LIVEはみんなのものと 言ってくださってると
思っています。
「We Are TOKIO!」
いつも、ナマの声で言ってくださるのが、うれしい!

 *****

J-webでも、メンバーが
LIVEのこと、書いてくれていました。

メンバーもそれぞれ、
たくさんの仕事を背負いながらのLIVE。
とても大変だったことと思います。

でも、楽しかった!とか
次のLIVEまで、仕事頑張らなきゃ・・って
ファンが思ってるのと同じようなことを、
メンバーも書いてくれて
なんだか、友達のような錯覚をさせてくれるところが
たまらなく嬉しくて!!! (*^。^*)

「メンバーも 今日から、仕事なんだ。
私たちと 同じだね!」って(笑)

ミュージシャンこそ、本業って思ってるんだけど
なんか、こういう風に楽しめるのも
TOKIOならでは、って感じで、いいところですよね!

私もまた、次のLIVE.
胸張って逢えるよう、がんばろうと思います。

ほんとうに TOKIOのLIVEは 最高!
ファンも最高!
あぁ!!楽しかった (*^。^*)
作詞・作曲 茂さんの曲。More

聴くほどに、茂さんの声が 大好きになる曲。
オトナの落ち着きを感じさせてくれる曲。
華やかさも、カッコよさもある、素敵な曲。

絶対、今までのTOKIOのライブの中には
無かったジャンルなのに、
ライブで聴いていても全然違和感、無い!!
ズッキーホーンの紹介から
手拍子へと繋がって・・・
そして、茂さんが歌い出だすと
みんながひとつに引き寄せられる感じ。

本当はバラードとかの曲も書く予定だったけれど、
メンバーの曲とかぶらないようにと
選んだ結果、この曲になったとか・・・
どれだけ、たくさんの切り札を持ってる人なんだろう・・と
その持ち札の多さに惹かれます。

たくさん持ってるから、譲れるんですよね。
その懐の深さが 素敵。
決してそれを見せびらかすタイプじゃない。
ここぞ、って時に。すごいカード切り出してくる人。
まだ、どんなカードを持ってるのか
不思議な人です。

(すみません。
ライブと直接、関係ないんじゃない?
という感想なんですが、、
書き出したら、止まらなくて・・
よろしければ、しばらく、おつきあいくださいませ。)

そして、
やさいい音色のギターソロ。
心地よくって、幸せな感じで満たせてくれる。

ほんと、枠にはまらない、っていうか
なんでも、弾きこなしちゃうテクニックの柔軟さ。
どんなアーティストからの曲提供でも
弾きこなしてきた人ですものね。
本当にすごい!!

いままでのライブでは
たとえば、サンプリングマンや、Crazy Chaseで
激しく、挑発的で官能的なギタープレイを
見せてくれた茂さんですが
今回は、ちょっと控えめ?
ちょっと物足りない?って
実は最初、思ってたんです。

でも、LIVEを重ねると
確かに今回は前に前に出ていく
挑発的な個人プレーはないけれど
逆に、なんていうか・・・
音楽的なことはわからないので
本当に、私の個人的な、
しかも直感的な感覚なんですが
演奏を要所要所でまとめていらっしゃるというか
サッカーで言えば、ディフェンスの要(かなめ)っていうか
なんていうか、行く付くところは
「リーダー」な人なんだって思ったんです。

奈良、大阪、名古屋と公演が終わって
「ミヤネ屋」出演のとき
リーダーとしての心得のようなことを訊かれ
「一歩引いてみるか、前に出るかしかない。」
というようなことを
おっしゃっていて、なんか、その言葉が
ストンと心に入ったんです。
このライブは茂さん、リーダーとして
一歩引いていらしたんじゃないかと・・・
(すみません、何の根拠もありません。
あくまで、私がそう思っただけです。。)

で、そういうカッコよさ、後になるほど、じわーっと
くるんですよね。。。

で、この More。
このときは、茂さん フロントで
にじみ出るような穏やかな色気。
貫禄。。っていうか
年齢を重ねなきゃ、出せない色気を
漂わせていらっしゃいました。
・・・で、やっぱり、
やられてしまったんですね・・・

それに茂さんの低音ボイスがまた素敵で・・
それに、この曲、
いろんな声の出し方があって
この声の出し方も好き!とか、
この余韻のところが、素敵。。とかもう、ほんと好きです。

この曲の演奏時、
武道館ではバックに、茂さんのセピア色の映像が
流れるんですが、これがまた、
素敵過ぎる!!!
なのに、ご本人をしっかり見たいから、
スクリーン見れないって
幸せすぎなひと時。。
白黒の画面で 色気を感じさせる男が
本当に、色気のある男だと思ってるんです、私。
だからこのセピア色の映像。
もっとじっくり見たかった。。。。

話が、あっちに行ったり、こっちに戻ったりで
ほんと、想うまま書いてしまいましたが
要は・・・
茂さんが好き・・・
その一言に尽きるんです・・・

最後まで読んでくださった方
本当にありがとうございます。

たくさん書かせてもらって、ちょっとすっきりしたかな(笑)



  **********

まだまだ、LIVEのこと、
MCとかで言ってくれた事とか・・お礼とか、
書きたいこといっぱいです?
でも、お仕事も進めなくちゃ・・
最後のほう、あまり記憶が残ってません。。
ほんと、簡単な感想ですが・・・


13.The Course of Life

この曲、茂さんは ドラム横の高い場所で演奏。
スクリーンに映る映像に茂さんが溶け込んで
すごくカッコイイ!
速いスピードで その映像が流れるので
疾走感、飛んでる感じが気持いい。

14.宙船(そらふね)

セットには、かがり火。
力強い演奏が心地いいです。

15. PERFECT LIFE

乗れる曲、
飛び跳ねると、特に記憶の劣化が激しいのか
ここから先はあんまり
詳しいことを覚えていない  (^_^.)
それくらい、乗ってたってこと(笑)

茂さん、キラキラ~~~(*^。^*)

16. T2 (Vo.太一くん)

掛け声が楽しい!!!
これも乗れる曲。
太一くんの踊りを真似て、飛び跳ねる!

17.SONIC DRIVE

タオルを回す!
後半、この3曲、で思いっきり盛り上がる!
さすがに3日目はちょっとサボりました・・(笑)

18 .自由な名の下に

この曲の前に 必ず長瀬くんがこの曲について
改めて紹介してくれる。
メンバーの想いが詰まった曲なんだと思う。

ライブが終わって 
ファンも多種多様な毎日を送る。
そのエネルギーをこの曲にこめて
しっかりと届けてもらったような。。。

うまくいえないんだけど
すごく チカラを 持ってる曲。

終わった後も、曲の余韻にじっくり浸りたい曲。


アンコール

19. AMBITIOUS JAPAN!

ギターをフリフリして、ちょっと ぶりっ子な茂さんがかわいい。
名古屋では、頭の後ろで ちょっと弾いてくれた。

20.LOVE YOU ONLY

みんなで歌える曲。
このとき、武道館で、9月21日に
流すための映像を長瀬くんが撮ってる。
メンバーからの提案だそうです。



   *******

本当に記憶力が 落ちてる・・
勘違いしてるところもあるかもしれません。
訂正、加筆などあれば
教えていただけると、嬉しいです!

まだ、MCのこと、書き忘れてたことなど、
全体を通しての感想
ぼちぼち書いていくつもりです。。
それに、ファイナル!
武道館もいきますので
そのことも!!
9 .約束の場所~Believe~(Vo.山口くん)

二人のギターのイントロが素敵。
聴き入ってしまう。
あらためて、Graffiti(’98年)収録のこの歌を聴くと
まだ、すこしあどけなさが残るCDの声。
LIVEで聴いた あの山口くんの歌声の深みが
とても素敵過ぎて
素敵に歳を重ねていらっしゃるんだなぁ・・と
感慨深い。
昔の歌を今の声で、今のアレンジで歌うって
その間の年月を感じるね。。

10 .Autumn(Vo.松岡くん)

ドラムセットの前に出て、スタンドマイクで
歌う松岡くん。
照明がバーのような感じに
セットを浮かびあがらせて、
サイドテーブルの ミネラルウォーターのペットボトルさえ
照明が当たって反射して、オブジェのようで綺麗。

しっとりとした松岡くんのボーカルも 好き。
長瀬くんがのヴォーカルは「動」な感じが好きで
松岡くんは「静」な感じの歌い方が好き。

お酒のみながら
聴いているような、雰囲気。

ここで、バックのスクリーンが降りる。

11 .HOPE

自然の映像。
花が閉じる
水滴が上に上がる?
通常の映像を 逆回しで映し出してるところもアリ?
何かのメッセージなのか??
ストリングスと
太一くんのシンセサイザーが奏でる美しいメロディ。

12. Sometimes

低く響く規則的な音が自分の心臓の音とリンク。
波動が伝わってくる感じで
曲の中に溶け込んでいく錯覚がした。

アルバムで聴くより、
ライブで聴くとずっと力強く感じる曲。
ハンドマイクをもって、体をかがませて
熱唱する長瀬くんの姿を見ているからかな。
体全体で訴えてくる歌い方が好き。

後ろの映像がカッコイイ。
ニューヨークの街角?
「光の射すほうへ~♪」のところで
ビルの谷間を 光のさすほうに向かって歩くたくさんの人たち。
その後姿を捕らえる映像が
歌と合わさって、すごく感動的。

この曲の茂さん衣装、
前面プリントのTシャツ。
(「17」のジャケット写真(ステンドグラス風)の柄を
プリントしているらしい・・・)
茶色の長いベスト、ストール、スリムなシルバーのパンツ。
ギターもシルバーぽくて、ちょっと小さめな感じ。
なんとなく、ニューヨーカーって感じ。
スタイルの良さが際立つて見えるし、
この曲、後ろの画像にすごくマッチしてると思う。
今回の衣装の中では、私的に一番好き!


LIVEの曲の簡単な感想です。
思い出したところから、
書いて行きます。
ライブに行くまで知りたくないという方、
お気をつけください。
思ってた以上に記憶が飛んでます。
ご了承ください。

  ****************






暗闇から、ライトに照らされて浮かび上がるシルエット。
そして、楽器の音がそれぞれ
鳴り響きます。
この、ライブの始まりのゾクゾク感。たまらない!

ステージは、工事現場のような雰囲気で
鉄骨のフレームが赤く塗られていて
ジグザグと、上に伸びている感じ。
横幅がコンパクトに凝縮されてる分
高さで広がりを出している感じです。
ドラムは、中央のかなり、高い位置にセットされています。

そして、1曲目の聴き覚えのある
ギターのリフが鳴り響いて・・・

1 archive

ゴツゴツとした、男らしい感じが
ナマだと、さらに強調される感じ。
茂さんギターは ヒョウ柄。

2 KIBOU

軽快に飛ばすナンバー!
一気にLIVEの熱気に引き込んでくれる。

3 羽田空港の奇跡

オープニングからの衣装、
基本、黒のスーツをそれぞれの個性をだして
アレンジ。
そんな黒スーツでが似合うこの曲。
TOKIOの渋さを引き出してくれる曲です。
茂さんのギター、
ビシッと決まってます!!

 ここで、メンバー紹介~
 LIVEであえた幸せをかみしめる時間。

で、このあたりで、軽く衣装チェンジ
ジャケット脱いだり、タイはずしたり・・
で、

4 ロースピード

ノリのいい曲!
茂さん、ホーン4人組さんと
たのしく、ダンス練習(笑)
会場を和やかに乗せてくれます。

5 ...as one

最後のゴスペルっぽいところ、
ストリングスのお姉さんが
マイクでコーラスしながら、登場。
ここ、会場全体で響かせたい!
Oh! 5soul in one body yeah!...って
「TOKIOは永遠に不滅です!」って気持で!

6 ストロボ

CDよりも、ずっとパワフルな感じでの熱唱。
ちょっと、スピーカーの音が割れてたのが惜しい。。
照明がブルーっぽい色で綺麗!!
茂さんのギターも 青。
ギターソロの 高音のところで
キュンとなる曲。

7 More (Vo.茂さん)

メンバーが手拍子
ホーンセクション登場!
そして、
照明は赤!
茂さんのギターも赤!!
家で一人でゆったりと聴くのと違って
LIVEではとても華やかで楽しい感じ。
穏やかに気分が高揚する感じ。
ギターソロ。
余裕のある落ち着いたオトナの魅力。
包み込んでくれる、やさしいギターの音色。
今までのLIVEではなかった 音色。
また、新しい魅力をLIVEで魅せてくれた茂さん。。

8 NaNaNa(太陽なんていらねぇ)

楽しいです!
途中から、太一くんの 「おふざけ」が
入るのが、好き!(笑)
おふざけのない TOKIOなんて、ありえない!!
「NaNaNa~♪」とみんなで歌う気持ちよさ!
会場がひとつになっていくのが素敵!!



ここで、MC


 で、このあとの感想はまた・・・


プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR