上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は福岡で TOKIO LIVE!
まだ、セットリストを知りたくないので
あまり、ネットをうろうろしないようにしているのですが
やっぱり、気になって、ツイッターのぞいてみると
皆さん、セトリは気を使って伏せてくださってる方が多いです。
で、なんといっても、MCが すごく楽しそうです!!!

奈良まで、あと、9日。
そして、大阪、名古屋 武道館最終日。
もう少しで逢える (*^^*)

  *********

で、まだ、LIVEにいけないので
ずっと アルバム、聴きまくっています。
基本、自宅で仕事しているので
こういうときは、ほんと、いいです。
(でも、DVDを見ると、仕事にならないので(苦笑)
アルバム、ヘビーローテーションです。)

入ってる曲がすこし違うだけでなく
曲順も変えているんですね。
同じ「17」というアルバムですが
違う雰囲気を味わうことができます。

中でも 
通常盤1曲目の arvhive
初回盤では、 ... as one のあとにくるんですが
前の曲が明るい感じで終わっているので
archive の最初が 暗い感じで入ってきて
より、渋く男臭さが際立つような感じです。


で、曲順なんですが
通常盤のほうはまとめている感じ。

(Autmun More  ロースピード 羽田空港の奇跡)
なぜか、私の中でまとまります。
キーワードがあるとすれば・・
「昭和」のかほり・・・でしょうか・・

(HOPE KIBOU 見上げた流星)
これらの曲は、震災のあと、
力づけてくれた曲。

(太陽と砂漠のバラ Somethings The Course of Life )
でなんか、まとまる感じなんです。

初回限定版は というと
アルバムの後ろ面みて、ふと、思ったんです。
「朝と夜を繰り返してる感じ・・」って

まず、KIBOUがあって
雨の夜になって 癒してもらって
海辺の朝、 砂漠のように暑い日
スベキコトやって、祈って
また朝が来て、
一緒になって、空目指して
道を歩いて、前進。
夜空を見上げてルート変更。
また、暑い日。
never give up!
で、17!!

「テストの花道」の影響でしょうか?
なんか、関連付けて記憶しましょう・・
みたいになってしまいました・・・(笑)


スポンサーサイト
入ってる曲も、曲順もすこし違うんですね。
初回限定(緑)盤だけに入ってるのは
 スベキコト
 あきれるくらい、僕らは願おう
 また朝が来る

 *あきれるくらい僕らは願おう

シングルリリースのときは
最後、ギターソロのフェイドアウトで終わるヴァージョン。
今回は、フェイドアウトではなく
ギターが終わった後、
ピアノもはいってましたね。
たしか、メントレ最終回で演奏したときも
あれ?CDと違う終わり方だって思ったので
こっちの感じでしたよね。
長いアウトロは 余韻に浸れるので好きです。

そして、通常盤だけに入っているのは
 Autmun
 somethings
 HOPE
 
通常版でHOPEの感想を入れ忘れたので
書いておきます。

 *HOPE

KIBOUの前に置かれたこの曲。
KIBOUがイントロなしで始まるので
そのイントロになるような ロックテイストで
メンバー演奏の曲かと
聴く前は思っていたのですが・・
オーケストラのとても美しい演奏です。
でも、たぶん、メンバーは
演奏とか、参加していないですよね?この曲。
どういう経緯で、ここに入ることになったかは
わかりませんが
もしかして、シングルリリースが異例の延期になったことと
何か関係があるのかな?と思ってみたり・・
でも、ファンとしては、知る必要もないかな。

ただ、この曲「HOPE」も 
いろいろ苦労したのかな・・・と
思えば、なんとなく、いとおしくなります。

  **********


あと、感想のつけたしです。

*... as one 

最後の ゴスペルっぽい コーラスがいい!
これ、ライブで観客が一体になって歌ったら迫力ありそう~。

*Autumn

仕事人 涼次さんのラブシーンのBGMに
流れるといいのにな・・(*^。^*)
コーラスは??あのひと?

*More

ちゃんと、口ずさめるようになりたい・・
でも、英語の歌って、難しい・・(^_^.)
この曲は、うっとりと聴く曲ですね。。
ここの、この声の出し方が好き!とかね。
1曲、ずっと茂さんの声に浸っていれるって
それだけで嬉しい。
ギターも茂さんが何度も取り直して
ベストなものを入れてくださってるんですね。
もうほんと大好きです。



えっと・・
まだ、あったような・・
また、思い出したら、書きます。

読んでくださってる方も
もしよろしければ、この曲がお気に入り!とか、
こんな風に受け取りました、とか
コメントしてくださると嬉しいです。
*sometimes

イントロからずっと流れる
低いドクドクッって心臓の鼓動のような音が好き。
曲の最初から最後まで、ずっと流れてて
その低い鼓動の音が
この曲の力強さを感じさせてくれる気がします。

長瀬くんのバラード
ドラマの一場面のように
ゆっくりとシーンが動いていく感じがします。。

ハードな感じの「archive」
やさしくて、甘い。。
でも、男を感じるバラードな「sometimes」
長瀬くんのいろんな面を感じることができていいなって思います。


*The Course of Life

サビの♪The Course of Life~♪ 
のところがすごく好き!
前にも書きましたが、
コード進行や曲から、詞をおろしてくる感じで
楽曲をつくると いう太一くんが
この場所に、この言葉を持ってきた感覚が
すごく気持いいです!

その前までは、低く押さえた感じのメロディで
ここで、霧が晴れたように
雲が吹っ切れたように、ぐんと視界が広がる感じが
なんとも言えず、好きです。

    初めて聴いたときの感想はコチラ

   

*NaNaNa(太陽なんていらねぇ)

   シングルリリース時の感想は コチラ



*自由な名の下に

茂さんでななきゃ、でてこないフレーズがいっぱい。
ピアノで静かに始まる曲が
落ち込んだ想いに
やさしく寄り添ってくれる感じ。

「実は、僕、打たれ弱い・・・」と茂さん。
どこかで、ちらっと、言葉をこぼされたこと、
思い出しました。

でも、「行こうか」という言葉に
迷いを感じさせないところがこの人の強さかな・・
この人の目はいつも
やさしくも 厳しい 目 と感じます。

いつも俯瞰で 先を見てる茂さん。
いつか一緒に見れるであろう その先の景色。
そっとついて行ったら、私も見れるかな・・

太一くん曲、茂さん 詞。
この組み合わせの曲、大好きです。

色で言えば、(あくまで私の主観ですが・・)
太一くん、長瀬くん コンビ
松岡くん、茂さん コンビは 同系色。
山口くんは 中間。
で、太一くん、茂さんコンビは、反対色の組み合わせかも・・

でも、それが、ぴたっと決まると
相乗効果? 化学変化?を起こして
よさを引き出しあってるっていうような感じでしょうか・・
大好きな曲ばかりなんです。
そして、このコンビの曲、
どの曲も、また、全然違う色を醸し出しているのが
また、すごい!!!

このコンビの逆バージョン?
曲・茂さん、詞・太一くんってどんな感じになるのかなぁ。。
なんて、思っていたら、
J-webの Mステレポに!!!!!(笑)
(楽しいです!見てください!!)

ちょっと、横にそれましたが、
とにかく どの メンバー曲も 素晴らしい!!
それぞれの色があって、
でも TOKIOで あって・・・

まだまだ、聴きこんでTOKIOに浸ります。。。

*More

受け止めてもらってる
包み込んでもらってる
そんな安心感がとても
心地いい曲です。
疲れた心を癒してくれるような R&Bな感じ。

英語の歌詞の曲が
ひとつも無かったから、書いた。
いつまでも歌えるよう、
歌詞も普遍的なものにしたとのこと。

少しづつ、和訳する楽しみも味わいました。
内容は、いつもココニチなどで言ってくれていることに近くて
こうやって、メロディにのせると
私にとっては、「子守唄」のよう。

元気な応援歌が必要なときもあるけど
ただ、そっと寄り添って
「大丈夫だよ」と笑顔を見せて欲しいときもある。
そんな曲がこの曲。

茂さんの声、ってあたたかい肌触りのある声だと、
いつもここに書いていますが、
ブルースにとっても合うと思うんです。
ヘッドフォンで聴くと、なお、いいです。
間奏のギターソロもセクシーな音。。


昔、茂さんのラジオで
カーティスメイフィールドさんを
リスペクトしていると知りました。
この曲はその方の影響もあるのかなと感じました。。

いつか白髪になった5人がこの曲を
演奏してるのを聴きたいです。。

(この曲は、まだまだ、書き足りない?(笑)
また、いずれ・・)

  初めて聴いたときの感想は  コチラ



*ロースピード

英語表記ではなく、カタカナのタイトルというのが
松岡くんらしいです。
で、聴いていて、歌詞の「バタバタ~」の
あたりで 私の頭の中に出てきたのが
13歳のマボ というか、 
あのドラマの男の子(笑)

すごく楽しく乗れる曲です。
ストレートな歌詞は
一回りして、素直に出せるようになったのかな?と
言う松岡くん。
そんな、オジサン。カッコイイと思います。

茂さんと松岡くん、
若かった日の二人が 楽しく作った曲が
ベースになってるとのこと。
その曲を こうやって、表に出してくれたのが嬉しいです。

*羽田空港の奇跡 ・KIBOU 感想は  コチラ

*見上げた流星 感想は コチラ

*太陽と砂漠のバラ 感想は コチラ

残り4曲と 初回限定版は またの後ほど

今、「17」を聴いて想った事を
書いておきます。

聴きこんでいくうちにまた違った感想が
出てくることもあるかもですが・・・

感想は、私個人が そう感じました、という
本当に主観的なものです。
いろんな感じ方があると思いますので
こういう風に、感じた人もいるんだな。。ぐらいの
軽さで、読んでいただけると嬉しいです。



  **************

*archive

やっぱり、イントロから続くギターのリフ。
カッコイイです。
そして、それをしっかりと支えるような
バッキングのギター、
歯切れのいい渋い音が素敵~

普段の景色を切り取った感じで歌詞を作っていくと
長瀬くんが語ってくれたのですが
モータースポーツの匂いとか
長瀬くんのライフスタイルや
長瀬くんが見ているものを
感じれるような気がしました。

    最初に聴いた時の感想は コチラ

*advance
 シングルリリース時の感想は コチラ

*... as one

楽器が音をなぞるように重なっていく
イントロがカッコイイです。
最後のコーラス。
DVDで教えてくれましたが
そんな方々参加されているとは!!
うれいしです!

「続く」と繰り返す言葉が
力強く安定感をかんじます。

  5souls・・・・・ 5って・・・
♪いつつ と いえば、TOKIO!♪
ですよね~(笑)
ぼかした?って、気がしませんけど?(*^。^*)

*雨傘
 シングルリリース時の感想は コチラ

*~遥か~
シングルリリース時の感想は コチラ

*Autumn

「秋が好きだ」と 松岡くん。
たしか、言ってた気がします。 
すごく繊細で美しい響きが曲に流れてる。
京都?着物が似合いそうです。
噂どおり、The 松岡!本当にそうです。

松岡くんのボーカルが新鮮です。
この曲は しっとりとしたマボの声じゃなくちゃダメ。
DVDで教えてくれた、ドラムの音のこだわり。
アナログだけど、この曲にはそんな感じが合いそうです。

歌詞、最後の行が好き。
Harvestの 松岡くん曲「HAPPY BIRTHDAY」の
最初の行も 思ったんだけど、
もしかして、あの言葉をかけてる?


そしてお気に入り曲「More」
熱く語りそうなので、ここでいったん切ります。

アルバム通常版 聴き終わりました。
でそのままDVD も見てしまいました。。。

で、聞き終えた感想は
レコーディングが終わって5人揃ってるところで
松岡くんと茂さんが言ってることと同じでした。



メンバー曲、すべてが 
たまらなくいとおしいです。
それぞれの個性が 本当に濃くでてて
全然違う曲なのに、歌詞は
示し合わせたように、同じラインを描いてる・・・
ところがあるように思えるんです。

聴き終わったら、まるっと 全部TOKIO!
これがTOKIOだよねって、感じです。


またゆっくりと感想はかいて
ココに残しておきたいと思います。

では、おやすみなさい。
すてきな時間、しあわせなひとときでした。

ずっと待ってた この時間。

いまから、聴きます。

誰にも邪魔されることの無い深夜に
一人で ヘッドフォンで聴く 新しいアルバム。

至福のひとときです。

では。。。
昨日のJ-webで山口くんが教えてくれた
「ジユウナ ナ の下に」という曲。

いままで、メンバーのラジオでも
短期連載でも、
語られることも流れることも無かったこの曲。
だからこそ、とっても気になってました。

「17」のアルバムの一番下に
記載されているこの曲は
今回のアルバムを締めくくる曲でもあるのかしら?

6年ぶりよ!!
もう、ドキドキ!!(笑)

でも、その前に 今から、「SWITCH」を探しに本屋さんめぐり。
といっても、車で行っても移動距離かなりあるから・・(^_^.)

ということで、今日、3回目のブログ更新です。

とりあえずアルバム聴くまでに、
書きたいことは、書いたかな?
まだ、5LDKや茂さんラジオのこと、書けてないけど・・

そうそう、今まで ライブのときに茂さんが
ゴチャ・まぜっ、休んだときって、ありました???
私が聴いている限りでは、初めて!!
聴けないのは寂しいですが
その分、TETSUYAさんが茂さんの暴露話
いっぱい、してくれるといいな、、なんてね。

少年倶楽部で フルで聴きました。

「The Course of Life~♪」と
サビに入るところが、特に大好き!!
ここね、さぁっと、視界が広がる感じがして
気持がいいんです!!

長瀬くんが、太一くんの曲は「空を飛んでる感じ」って
言ってましたものね。
(undidの曲も 空を飛んでる感じがします!!)
そして、メロディやコード進行があって、そこから
言葉をおろしてくるような感じ・・・で曲を作るのが太一君だ
と、長瀬くん。

ならば、この ぐんと視界が広がるこの感じのところに
「The Course of Life」の歌詞を持ってきた太一くんの
今の感性が素敵でうれしいです。
霧が晴れたような、
雲を突っ切っていくような
そんな爽快感を感じるんです。ここに。。。
だから、そんな想いを今、太一くんが持っていらっしゃるとしたら
本当に、よかった。。と、思います。

それから、
「伝えたいことなんか ねぇ!」と太一くんは言ったそうですが
「伝えたいことが無いなんてことは、無い」!と
長瀬くんが言ってるとおりじゃないかと
私も思います。
何かを創るってこと自体、何かの想いが無ければ
出来上がってこないんじゃないかと。。。
とにかく、この歌も大好きです。
HIKARIさんのアレンジも素敵です。

で、この2曲を演奏するTOKIOがカッコイイ!
もう、茂さんが かっこよすぎて
なんて言っていいかわかんなくて、苦しいぐらい(苦笑)
その 形容詞をずっと探してるんだけど
無い!!!
でも、書きたい!!
う~~ん、また、明日にします!!

「8月22日リリースの
TOKIOの ニューアルバム「17」より
わたくし、城島 作詞・作曲で
珍しく僕が歌っている曲です。
聴いてください。TOKIOで 「More」

という曲紹介を茂さんご自身でされて
ラジオ ゴチャマゼで フルで流れました。
以下、私の個人的な感想です。
CDで聴くまで、余計な情報はいらないという方、
ココから下には、いかないよう、お気をつけください。



   *********
   *********
   *********
   *********
   *********





   *********
   *********
   *********
   *********
   *********


えっ??

曲としては、すごく意外でした。
なのに、なんでかな?? 
やさしくエスコートしてもらってるように
すうっと、曲の中に溶け込んでしまいそうです。

どこからくるんだろう?この安心感。
なんだか、とても、居心地がいい。。。

すごく、幸せな気持にさせてくれる音楽です。
(英語は、わかりません。
 早く歌詞カード、見たい!)

茂さん、こんな引き出しも 持っていたなんて・・・
なんて、音楽の幅が広いんだろう・・・
カバーじゃなくて、
こういう曲も創ってしまうところが
すごい・・・

私ぐらいの年齢の方には
「懐かしい洋楽の感じ」がすると思います。

茂さんファン的には
茂さんの声がずっと聴ける、幸せな曲です。
ずっと浸っていたい感じです。
ギターの間奏も素敵。

ホーンもおしゃれで
コンガ?パーカッションも 好きな感じ。

また、CDが届いたら書くと思いますが、
今夜は、このまま、おやすみなさい。
素敵な夢が見れますように・・・


素敵な曲をありがとうございます。
アルバムのなかの 5曲。
ほんの少しですが、試聴できるんですね!

J-Storm 公式HP トップから
行けるようになっています!

なんか、嬉しいですね!
ほかのアーティストさんは
とっくにやっていたことですが、
こういうのは、どんどん取り入れていっていただきたいです。

わたしは、すでに予約済みですが
そういうファンばかりじゃないですものね。
いろんな方が、TOKIOの音楽を知るきっかけは
広く、長く、執拗に続けていただきたいです!

で、試聴・・・
archive は、ラジオで流れたので
他の4曲を聴こうか、どうしようか・・?
やっぱり、「More」だけは、アルバムが来るまで
待ってます!!
でも、ちらっと、聴きたい・・っていう誘惑に
2週間、我慢できるかなぁ・・


茂さん自ら曲紹介です。

「ここで、8月22日リリースの
TOKIOのニューアルバム 「17」より
ウチの長瀬智也作詞作曲の曲、聴いてください。
TOKIOで 「archive」 」
フルバージョンで流れました。

 ******

イントロから続く ギターのリフ
ズッシリっと響いてくる感じがいいです!!
骨太な音でしびれます。
ギターを前面にだしたバンドな曲でいいです!!

ウエストコースト。。な感じ?
乾いたアメリカンな感じ。
長瀬くんのライフスタイルとかファッションの
匂い、テイストがする気がします。
ライブでめちゃ、もりあがりそうなタテノリな曲です。
でも、長瀬くんが言っていた
「JAMBO」を目指してたのに、
全然違う方向に行った・・っていうのが
なんとなくわかる気がします。(*^。^*)

メンバーの自作曲。
その人の ひととなりが 現れてくるのが
やっぱりいいです。

MBSラジオでマボのTNCが聴けなくなったので
「Autam]はまだ聴けてないのですが
とても、マボな感じの曲だと噂に聞いています。

私は、やはり、
茂さんの曲「More」が一番の楽しみ。
だから、これは、アルバムが届いた真夜中に
ひとり、ヘッドフォンでしっかりと聴きたいと思っています。
ネット購入なので、一日遅れるかも ですが
発売日前日頃から、ネットやツイッター見るのを
一切やめて、真っ白な気持で
この曲に向き合いたいんです。

「誓い」を初めて、聴いたときの感覚が忘れられないんです。
「聴く」っていうか、ダイレクトに脳に入ってきたっていうか
体で受け止めたっていうか。。
「それしかできない」も、すう~っと入ってきました。
「More」はどんな感じではいってくるのかな??
考えただけでも、うわぁ、、楽しみ。。。

今日はじっくりこの曲を聴く時間が無かったんですが
アルバムの感想を書くときに、また、改めて感想書きますね。

アルバムの ジャケットが J-netなど
公式サイトで 公開されていますね!

初回限定盤は渋く決めた5人が カッコイイです!

そして、通常盤、が
さらに、素敵なデザインです。
全面にアーティスト名が大きくかいてあるデザインは
アルバムらしくて好きです。
しかも、ちょっと ジャンクな感じがまたいいです!
ステンドグラスのような感じに 
TOKIO の文字が組み込まれていて
さりげなく「17」がスタンプされているようです。

私の想像でしかありませんが
太一くんが 好きそうなデザインの感じがします。

すこしずつ、アルバムの発売が近づいてきている。。
そんな感じが嬉しいです。
リリースの詳細が 発表されました!

発売は 8月22日。
詳細は、J-net
各通販サイト等で、ご確認くださいね!
一番、情報量が多かったのは
タワレコのサイト かな??

気になるのは、メンバー曲 8曲+インスト1曲

茂さん作詞作曲の 英語詩の 曲が
私には、一番気になります!!
会報で書いていらした、あのイメージ・・・
なんですね。。
とにかく、楽しみです!

そして、
メンバー自作曲
会報でもいくつか情報をあげてくれていますが
茂さん作詞のみ って曲もあるのかな?

メンバー自身のアルバム解説っていうのも
楽しみだし、
2枚買った人への全員プレゼント
「TOKIO STATION II」も、楽しいに決まってるし!!

どんなアルバムかなぁ??
と考えてるのが今はとっても楽しいっ!!

だって、アルバムが出る前の ワクワク感、
6年ぶりぃ~!!!(笑)

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。