スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武道館 (2)(茂さん編・前半)

書こう。。。って思って思い浮かべると
もう、そのまま、ふわぁ~と夢の世界に舞い戻って
キーボードが打てなくなる。。
記憶も「ゆめまぼろし」のようなものとなっています。
冷静な視点など、まったく無い覚書ですが。。。


重く力強い鼓動のような前奏・・・
暗闇の中に立つ茂さんを
浮かび上がらせるようにライトが照らし出します。
神々しいオーラを身にまとって
ギターを持った茂さんが登場・・・

でも、「advance」、 「アンビ」 になると軽快で
ライブの幕開けを楽しんでる茂さん。
うれしそうな笑顔が まぶしいです。

「遥か」 ではしっとりと美しいギターを
「僕恋」 では、ステップを踏みながら楽しそう!
「ココ!」っていうジェスチャー、ほんとかわいい。。

「それしかできない」 ではアコギに持ち替えて
切々と歌う・・
ちょっと眉間にしわを寄せるようにして
声を出すところが たまらない・・
茂さんの歌う声がそのまま届いてくる
このうえなく幸せな時間です。

「periodo」 では、山口くんをチラ見しながらも
やっぱり、茂さんから目が離せません。

「路傍の花」 は目を閉じて、
大音響のなかに自分を浮かばせる感覚に浸りたくなる曲。
なんですが、やっぱり、ギタリストモードの茂さんを見たい!
髪を振り乱してかき鳴らすギター!
赤い照明が当たるとその姿が
よりいっそう、静かな情熱を放っているように見えて
しびれます。

「雨傘」 このライブでは、
ストリングスがたくさんはいるアレンジです。
このとき スライドギターをする時に使う
ボトルネック と言う指にはめる透明の筒状のもの があるんですが
マイクスタンドにかかってあるのを
あせって捕ろうとして、落としちゃって・・・と
後のMCで ご自身で失敗談を披露・・(笑)
すみません。。
そのところ、全然気付かないくらい夢見心地で見ていました。

「花唄」では、歌いながら
客席をずーーと見渡してくれていたのが
印象的です。



で、ここでMCに入ります。

で、まだ、後半に続きます。。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。