スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレミアム (TRUCKというセンス)

レディース・トーク
このコーナーもとっても好きなんです。
しかもこの回は、大阪の家具やさん・TRUCKのお二人。

  

このお二人も、ものづくりとして
ずっと憧れている方々です。
↑は2006年に出版された
TRUCK最初の出版物。
カタログではなく、このお二人の日常、空気感を
たくさんの写真と、控え目に添えられた文章で綴られています。

太一君が発注した椅子の原型のような椅子や
プレミアムのセットにあった
「昔の喫茶店にあったパーティション」
「CDラックの引き出し」も
この本に似たようなものが載っています。

トークでもおっしゃっていましたが
「自分たちが、使いたいものを作る。」
そこが、全然、ぶれないんですよね、ずっと。。
デザインしました!って言う、
主張があるものではないのに
なんとなく、匂いで、これはTRUCKさんのだって、
わかるような家具やモノ。
そういう空気感、センス、ポリシーに
なにか、惹きつけられるんです。

ケンタロウさんは、この本にも少し寄稿されるほど
始めの頃からのユーザーさんだったようですが
「男子ごはん」のインテリアを見たときも
ピンときました。
   (その時に書いた記事は コチラ

その記事、にも書いたんですが
インテリアとか雑貨とかに対する太一くんのセンスが好きです。

タヒチ本に出てくる、ジャンクな黄色い椅子とか・・・
かなり前のタヒチの写メにあった
アンティーク感溢れるオルガンだとか・・・
園芸誌に載っていた、太一君のベランダとか・・・
たぶん、そういうものに対しては、
感覚が似てるような気がします。

でも、一番気になってしょうがないのは茂さんなんですが
他のメンバーーもそれぞれ「好き」なところがいっぱいあって・・
でも、限られた時間の中で、優先すると
茂さんばっかりのブログになってしまうんですが・・・(^^ゞ

すみません、ついで、のようで申し訳ないんですが・・・
太一君、タヒチ2900回達成!おめでとうございます!
毎日伝えてくれて、ありがとうございます!!!

え。。すみません。
まとまりのない記事になってしまいました。。

今自分の仕事も、もがいてます。。焦ってます。。
今週、来週、特に詰まってます。。^^;
でも、ちゃんと向かい合わなきゃ。。。
先のことも考えなきゃ・・
私が作りたいもの、やりたいことって、なんだろ?

このレディーストークも私の元気の素です。

そして、今日もTOKIOの話題がいっぱいでてきそう!
さぁ、頑張ろう!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。