DASH (村・ひまわり)

村の入り口では、ヒグラシが鳴いてた。
桃は、たわわに実り
自生のひまわりも咲いていて・・・
人が入らないことで、
雑草がいっぱい生えていたけれど、
村は思ったより、のどかなままでした。

雑草を抜いて、また、耕せば
すぐ、あの美しい村の姿が蘇る・・・
はずなのに、もどかしい・・・

ココは、役所に許可をもらって
あの重装備でなければ入ることが出来ない場所に
なってしまったんですね。

行く車の中で線量計が数値を上げていくのを
緊張してみてたけど、
村に入って、線量計の桁数が変わっていくのを
ピンとこないまま、見てました。
せめて、線量計の数値に比例して
警戒音が大きく鳴ったら・・・って思いました。

だって、
触らないほうがいい、
草むらに入らないほうがいい、って言われても
つい、いつものように、行動しちゃう
山口くん、明雄さん。

放射能のこと、何も知らないのに、
むやみに怖がってもいけないのかもしれませんが
これからのロケも、どうぞ、慎重に、安全第一で・・・
とお願いしたいです。

ミツバチの蜜を見て一瞬、
いつもどおり、収穫を喜ぶ笑顔になるけど
そのあと、余計に悔しさが
こみ上げていたんじゃないかと思います。
南国ハウスの コーヒーやバナナの新しい芽。
やりかけの、雨どい。
いろんなものを作った登り窯。
田んぼ、畑、果樹園、お茶畑。
ヤギや羊たちがいない家畜小屋。
藻がいっぱいの水場。

徐々に切なさが募ってきます。

草や花、昆虫たち生き物の生活は
何にも変わらず、何も知らず
そこにあるのに
ここが元に戻るのには、
どれだけの時間が必要なのかさえわからない。

まずはデーターをとること。
ひまわりに除染効果があるかどうかの実験はその第一歩。
ほんとうに遠い道のりになりそうです。

私自身、かなり、悲観的になっていたんですが
でも、明雄さんの強さ、明るさに 救われました。
オートロックの操作にも、新しい生活にも
適応して、畑も借りて、
もう、種も蒔いてる。。。

本当に前を向いて生きている方なのだと
尊敬します。

村の復興を見守り続けます。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR