DASH村・七転八起こぼし とラジオで語った村への想い

雪の中、福島からの中継。
茂さん、笑顔なんだけど、
眼が・・・辛そうに見えました。

震災直後の映像。
冷静に構える茂さん。
状況を伝えようとする山口くん。
カメラをまわして、記録に残そうとするカメラさん。
揺れる中を 大きな壷を取りに行ってくれたスタッフさん。
防災訓練なんてなくても
ベストな行動が取れる方々。。。

震災でも崩れなかった登り窯を
誇りに思っていた太一くん。
使わないことで、痛んできている窯を見る表情が
辛そうに見えました。
南国ハウス、
あんなに丹精こめて、育ててきた植物が全滅・・・
1年ぶりに村に入られた茂さんは
何を思われたのでしょう。。。

小さかったときは寒さに弱かったお茶の木は
この寒さにも耐え、
転倒した巣箱の中で春を待っているミツバチもいる。
「負けてられへん」と茂さん。

村は、データーの収集の場という役目も
担うことになりましたが
常に前に進むことを考え、
実践し続けるDASHスピリットに
心から、敬意を表します。
チェルノブイリまでいった山口くんの熱意も
本当に凄いです。

起き上がりこぼしを 作るっていいですね。
ユーモラスな動きが、笑いを誘って
「起き上がる」ことも教えてくれますものね。
茂さんがつくった 茂さん似のこぼしが
起きてくれないのも、ご愛嬌(笑)
セーターも健在でよかったです!

番組最後、元気なTOKIOの姿
茂さんの笑顔が心強く感じました。
思い出しては、どうしても沈んでしまう気持ちを
明るく盛り上げて、明日を頑張る気持ちを
持たせてくれた番組でした。

村以上にたいへんな状況の中で
生きていく方々の、
希望となる番組でいて欲しいです。


 *****

茂さんが去年の末、
関西のラジオで村の初めの頃の思い出などを
語っていらっしゃったんですが、
慎重に言葉を選んでいらしゃるなかにも
村への強い愛情を感じました。

そのとき 忙しくて、詳しく書けなかったので
以下、ちょっとそのラジオで語っていらしたことを
残しておきます。

「田舎のよさはどこにあるかって言うと・・・
村で、だんだん自分たちで作っていくと、
すべてのものが・・・
たとえば、今、ここにテーブルがあるけど
このテーブルやって、
僕らが・・・、山口がカンナで削ったりとか
囲炉裏も自分らで・・・
かまども作ったりとかやってると・・
全部手作りのもの、増えていくと、
自分たちの村、っていうか、ふるさとって言うか
だんだん、HOMEになってきたんよ、そこが・・・
第二の心の故郷っていうんかなぁ・・」

「今はちょっと、帰ることができひんで
どうなのかって、状況ではありますけど、
年明けで、また、いいニュースがでればいいなぁ、
とは思うんやけどね、
何とかしていきたいなと思ってるんですけど・・・」

茂さんが、感情を抑えていらっしゃる分、
かえって、聴いてるほうが、
感情がこみ上げてしまいました。

 *****



福島からの中継、
茂さんだけ、とっても薄着でしたが
大丈夫だったかしら・・・ (^_^.)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR