違う世界の人(リリックDVD感想)

リリックのVideo Clip 
演奏してるだけの シンプルな 構成が好きです。

その舞台は、ドラマを意識してか
ノートの中?
エンピツが線を描いています。

CDジャケットも 方眼紙のノートを
「TOKIO」という字が 飛び出して見えるよう
切り取ってあるんですね。

このビデオクリップ
何回か メンバーのショットが
スローモーションで止まる瞬間があるんです。

それが、ドラマ「はらちゃん」の 
主人公が漫画の世界に帰っていく一瞬と
重なって見えてしまいます。

ふっと 消えて、目の前からいなくなるんじゃないかと
心細くなります。

そして・・・
このひとたち、違う世界の人たちなんだ・・・と
改めて 気づかされます。
切なくて、胸が痛くなります。

ビデオクリップ最後のほう、
曲が終わりに向かう頃に
ストップがかかるのはさらに切なくて
最後の大きなエンピツの映像が
私にとっては、とどめを刺された ってくらいに
哀しく映ります。
本当にTOKIOがノートの中の人たちに
思えてきて・・・

この映像の切なさが
この曲をさらに響かせてくれる感じです。
「はらちゃん」の世界観と
私のような妄想好き熱烈なファンの心理も熟知した上で
つくられたんでしょうか?

しっかりその戦略にはまってしまいました・・(^_^.)

シンプルだけど
とっても好きです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR