民謡魂(新潟)

花嫁を 実家から送り出すときに唄う「長持唄」
私も  年頃の娘を持っているので
聴き終わった後に 強く気持を揺さぶられました。
唄ってくださった方が なんと 91歳!
それで、あのお声が出るなんて!!
素晴らしいです!

民謡には、その土地によって
独特のリズム感、アクセントの違いがあるそうです。
そう教えていただいて、聴いてみれば
その次の曲のリズムは 
確かに、いままであまり聴いたことがないものでした。

それから ごぜさん という存在も
あまり知らなかったのですが、
盲目の方が、唄や語り唄などを 旅をしながら
いろんな村々で披露されていたとのこと。
その方に弟子入りしたかたが、
唄を披露してくださったんですが
師匠から「上手に唄ったら、ダメ、
「客に気を使わせてはダメ」
「放り投げるように 唄え」との 教え だったそうで
その言葉の意味も 唄を聴いて
なんとなく伝わってきました。
素朴・・・という一言でも言い表せなくて、
でも、とにかく、すごく、引き込まれるんです。

なんというか・・
私の個人的な感じとしては
ストリートミュージシャンのような・・・

やはり、まだまだ知らない
「ジャパニーズ・ソウル」
もっと教えていただきたいです。

茂さんのナレーション、
やっぱり、好きです!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR