必殺仕事人 2009 SP

今日の夜には、16年(?)ぶりに、シリーズが復活するんですね!
楽しみです。
子供の頃から見ていましたから・・・  (^^ゞ

多くの時代劇が、将軍とか、武将、お奉行さまなど
とっても偉い人が、主役になる中、
仕事人は、庶民が主役・・みたいなところがあって
「仕事人」は、一味、違いますよね。
世相を反映させるところも
昔のシリーズを受け継いでいて、よかったです。
で、いつもながら、映像での光と闇の使い方が
とってもきれい・・

今回のSPも決して期待を裏切ることなく
楽しませていただきました。

ただね、
昔は、勧善懲悪をそのまま喜んでた・・
っていうか、悪いヤツは、悪いヤツにしか見えなかったんですが
シリーズがお休みの間、私がすこし、大人になったんでしょうか。。
悪人にも、哀れを感じるようになりました。

素浪人・沢村さん(役者名ですみません・・)が
斬られちゃうところなんて、かなり、痛みを感じました。
私の大好きな 玉ぐしを殺しちゃうのは許せないんですよ。。
しかも、お金が無いのに めし屋に連れて行って、
入り口に近い席に座らせてるあたり、
最初から、無銭飲食を咎めるふりをして
殺すつもりだったのかもしれません。
功績をあげる為には手段を選ばないって言うのも
いけないことです。

でも、剣の腕前もあるし、
公儀のために働きたいって、夢も意欲もあったのに、
採用先さえあったら、こんなことにならなかったのかなぁ・・・

そんな思いもあったので、
返り血を必死に洗い流そうとする 源太に
涼次が言う台詞には、ぐっと来るものがありました。


   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

でね。。。
松岡くん、鋭い目つきが かっこいい・・・
ふだんより、ドスがきいてる低い声がまた、しびれます!!
で、私、「青春」のビデオクリップを見て以来
松岡君の 「蹴り」のきれいさに 惹かれているんです。
「ヤスコとケンジ」では、最初と、最後の回でしか、
「蹴り」が見れなかったような気がするので
今回、玉ぐしを助け出す時に
「蹴り」が見れたときは、うれしかったです! (*^^)v

松岡君の殺陣もとってもきれいで、大好きなんですが
涼次さん新しい技も決まってましたね!!

このシーズには、欠かせない 藤田さんの
お元気な姿も拝見できて、よかったです。

今日は、松岡くん、「徹子の部屋」にご出演ですね!!
そして、シリーズが 始まります!!

楽しみです!!(^o^)/

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR