DASH (ソーラーカー・八丈島)

11年前も お二人で訪れていらっしゃったんですね。
若いっ!・・ (笑)

城壁作りの技術を 
流人が伝えて できた丸石の石積み。
厳しい自然から、暮らしを守るために
いかされ、受け継がれてきた技術なんですね。
海岸から丘の上にまで運ぶだけでも
かなりの重労働だったはず・・・
「おにぎりと 交換・・・」
というナレーションに、
暖かい人と人とのつながりを感じました。

この島ならではの風景・伝統産業は
流人によって もたらされた文化の交流で
さらに発展してきたのですね。


「黄八丈」の染織物。
島の植物で 染めた天然の色合いが美しいです。
特に、「黒」を染めるのは、
田んぼの泥につける工程が必要だとか。。。

ここで、
土には うるさい 二人が
土に触ると、「柔らかい、キメが細かい・・・」
嗅げば、「鉄の匂い・・」
さすが!!
土の違いが わかる アイドル!(笑)

感触や、嗅覚は
TVからだと直接知ることはできませんが
農業、焼き物、その他、いろんなものを作り出すことと
土、水、植物・・・など自然のものは 
本当に深い結びつきがあるということを
この番組をずっと見てきて、私も学びました。

番組を見て 得た知識だけでも
かなり 積み重ねてると思うんですが
実際に 体験されているお二人の 
知識や経験の積み重ねって
本当にすごいものだと思います。

泥につける作業をするとき
「ちゃんと、やんないと・・・
誰かが着ることになるから・・・」と 山口くん。

物を作る時に、いつも使う人のことを考えるなんて
本当に、職人気質なひと で、
偉いなぁ。。って思います。

かたや、勝率3割でも、いろんなことにチャレンジする
芸術家肌の茂さん。

太陽をイメージしたという 絞り染め。
丸にはならず、四角っぽいけれど、
かえって、無骨な男っぽさが感じられて、私は好きです。
味のある、素敵な一枚ですよね。 (*^。^*)
できれば、残りの7割のNG集も 
見てみたい気がしますが。。(笑)

若くない目には 次の島が見えなくて
残念だった 見晴らしの湯。(笑)
でも、普通の温泉にゆっくり、入れる企画は
DASHでは、意外と少ないので、(苦笑)
気持ちよく入浴されているお二人が見れて
良かったです。(*^。^*)



ところで・・・
黄八丈、大島紬、久米島紬、琉球紅型・・・
海外でも バティック(ジャワ更紗)など、
島には、独自の染織物が発展しているように思います。
それは、何故なんだろう。。。?

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふうら

Author:ふうら
TOKIO と
リーダー 城島茂さん
応援しています!
コメントもお気軽にどうぞ!
お待ちしてます!

最新記事
リンク
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

最近のコメント
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過去ログ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
thanks
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR